ホームページ局所的リニューアル


ある物販サイトを展開している企業様からネットショップの改修を依頼されました。

そのネットショップは他業者様で制作されたのですが一部問題がありました。

その問題点とは注文ページや見積もりページに入力確認画面がないというものです。

制作業者様に言わすと「今の時代、確認画面がないのが普通。」だそうです。

企業様は確認画面が欲しいと顧客側から提案を受けていたので今回、当社が請け負いました。

他社が構築したものに自社のシステムを差し込むのは容易ではないのですが上手くできました。

 

確認ページが必要という時間がない依頼だったのですが約1日で完了できたのには

ちゃんと理由があります。それは素早く作業できる環境があり簡単に操作する方法を実践しているからです。

とはいえ、大きく3つしかありません。

 

1.全画面を使わない

初心者にありがちですがワードやエクセル、ウェブブラウザでもなんでも全画面にして操作しています。

ずっとそれを使うなら良いのですが、実際の作業はフォルダを開いたり他のソフトと連携したりデスクトップ上をあちこち動き回ります。

そこでウィンドウを全画面より若干小さくして余裕を持たせます。

すると他との連携がマウスのドラッグで行えるので非常に速く作業ができます。

具体的にはメニュー→ファイル→開くの操作などがドラッグで終了します。

 

2.ショートカットキーを覚える

元に戻るや貼り付けなどメニューや右クリックでしていませんか?

キーボードであればctrl+zやctrl+vなど片手で出来てしまいます。

マウスで操作しながら空いている手でそのような操作ができると文章作成などびっくりするほど速くなります。

個人的には基本的なもの10個も覚えれば十分だと考えています。

 

上記のことは実際には数秒程度の短縮です。

ですがこれが仕事や操作の量、年単位で考えると恐ろしいほどの時短になります。

もし興味がある方がご連絡ください、随時出張パソコン教室いたします。

 

3.2画面で作業する

これはできればの話ですが2画面で作業すると恐ろしいほど素早くでき作業効率UPです。

例えば、サブ画面で調べものしながらメイン画面でドキュメント作成をする。

コピペを多用する仕事などには最適な環境です。

今回の依頼においても2画面での作業はいかんなくその力を発揮しています。

差分を取りながらの作業があったので左右を見比べつつ進めました。

感覚的ですがもし私が上記の1、2、3をしていないと年間作業時間は2倍以上に膨れ上がると感じます。

作業効率アップに興味がある方はご連絡ください。