良いホームページとは


良いホームページとは?と質問されても様々な意見があると思います。

デザインが良いサイト、アクセスが多いサイト、最新情報が掲載されているサイトなど

web制作会社や個人によってまちまちで正解はないかもしれません。

 

ですがPC-Salvageが考える良いホームページとは

「売り上げに直結するサイト」

です。

 

具体例をあげます。

「デザインを謳うホームページ制作会社に制作費100万でホームページを作ってもらった。

月額費用は業者の言われるがままで年間どれくらい集客や売り上げにつながっているか不明なホームページ。」

「制作費30万円だったがホームページ公開後も担当者がついてしっかりとサポートしてくれる。

月額費用1万円かかるが年間20万円以上の売り上げに貢献しているホームページ。」

であれば会社経営、個人事業者だったら100人中100人が後者を選択するでしょう。

ですが福井県のホームページ状況は意外と前者が多いです。

福井県でよくあるパターンは以下です。

デザインに自信があります、今の時代ホームページは必須ですなど煽っておきながら

実際には制作費用を過剰に計上して、公開した後はほったらかし、雲隠れです。

写真撮影だけで10万円以上請求しているケースも目にしています。

月額費用に至ってはクライアント様に契約させて、はなから保守運用しない業者が多いです。

当然のように契約書を交わさないので責任請求もできません。

 

ホームページ制作会社として言うのは問題なのですが

ホームページにおけるデザインの良し悪しは売り上げに全く関係ないです。

また今の時代、ホームページは必須ではありません。

思い描いてください。

「あのホームページのデザインがいいから行ってみよう!買ってみよう!」

ってそれほど多くはないですよね。それよりも

「その日そんなキャンペーンしてるんだ!そんな新製品出たんだ!」

のほうが行動や購入の動機になってることが多いですよね。

つまり、デザインよりも新鮮な情報を提供すること、いわゆる更新が最も重要です。

ですから、新鮮な情報を提供するならチラシのような紙媒体でも

今の時代であればSNSを活用すればいいのです。

ホームページが必須ではないというはそういうことです。

ただ、これは顧客側からの視点です。

 

クライアント様側の視点で考えた場合、

「ホームページを活用して売り上げを作るぞ!」

というクライアント様の気持ちがあればホームページほど強力なツールはありません。

新鮮な情報を提供し続けることは新規獲得・リピート率上昇に必ずつながります。

web制作会社は保守運用・更新に必要な専門的な知識やスキルはありますが

クライアント様の業界における知識やスキルは持ち合わせていいない場合が多いです。

ですから

クライアント様とweb制作会社が協力してホームページを育てことが最も重要なのです。

リスティング広告のように広告費をかければ一時的に効果はあるかもしれません。

ですがそれは瞬間風速みたいなもので広告を停めれば前の状態に戻ります。

本当のSEO対策はクライアント様とweb制作会社が協力して売り上げのあるホームページに成長させることです。

時間はかかりますがそれこそが確実で唯一のSEO対策です。

もしホームページで気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

御社のホームページを不安や不満の種から強力な営業ツールにしてみせます。